借金について

手持ちのお金が無かったり、ポイントが付くからという事でキャッシングを利用したりする事があると思います。手軽で簡単に借りる事ができますし、借りすぎない範囲内で利用する分には、特に問題なくお財布代わりとして利用していく事が出来る便利なものだと思います。
商品詳細(遺言・相続法務の最前線) | 新日本法規出版株式会社 Webショップ

しかし、中には金銭感覚が麻痺してしまったり、何とかなるかと安易な気持ちで借りていき、積み重なった結果、大きな金額になっていたりするタイプの人がいます。この場合、お財布代わりのキャッシングという程度では済まず、まとまった借金というようになってしまいます。これがどんどんと膨らんでいくと、利息分のみを返済し続けているだけになってしまい、元々あった元金の方が減らず、いつまでもお金を返し続けるという事になりかねません。
日本ユニセフ協会 | 遺言によるご寄付

また、タチの悪い貸し手に引っかかってしまうと、いろいろなところへ返済するのは無駄が多いし、管理が大変だからということで、一本化を薦められたりします。また、手持ちのお金が足りないだろうと、借りる予定の無かった分まで借りる事になる場合もあります。これが良心的なところで借りたお金であれば、確かにメリットが出るのでしょうが、悪い業者に当たれば、現状よりもっとひどい事になってしまいます。中には、法律に詳しい人を紹介するから、借金について見直したほうが良いと薦められたものの、実は紹介された人もグルで、うまく丸め込まれてしまうという場合もありますので注意が必要です。

いずれにしても、借金で身を破滅させない為には、返済可能な金額以上には絶対借りないという意思は必要だと思います。良い借金もあるとは思いますが、悪い借金もありますので、お金を借りる場合には、手軽に借りられても一度考え直してから借りる時間が必要ではないでしょうか。
仙台 相続登記