ジューン・ブライドについて

 以前から、結婚式の日取りや季節について詳しく紹介してきた。今回は、その中では紹介していない、6月の結婚式、つまり、ジューン・ブライドについて話していきたいと思う。では、まず、ジューン・ブライドの由来から紹介していきたい。

 6月に結婚すると幸せになれるという伝統は、ご存知の通り、日本には全く関係ない。ヨーロッパに昔から伝わるものであり、そのジューン・ブライドの由来は、ギリシャ神話で登場する、多くの神々が存在する中で、絶対的な支配力を持っていた神々の王、ゼウスの妃である結婚を司る女神、ヘラ、から来ている。浮気性であったゼウスを正妻としてしっかりとまとめることができ、なおかつ、子供を授かることもできた。ゆえに、女性や子供、家庭の守護神とも言われていた。このヘラが守護していた月が6月であったため、「6月に結婚式を挙げると女神様のご加護を受け、永遠に幸せになれる」と伝わったのである。
仙台 ブライダル

また、なぜ、このジューン・ブライドがこうも注目されているのかというと、6月をヘラが守護していように、5月も豊作の女神マイアという守護神が存在していた。マイアは、農作業が忙しい5月に結婚をするという花嫁をひどく嫌っていたため、「5月に結婚する花嫁は女神様から罰を受けることとなり縁起がわるい」というジンクスが伝わっていた。実際に、ヨーロッパでは、農作業が忙しくなる3~5月に結婚式を挙げることは禁止されていたため、農作業も落ち着き、結婚が解禁される6月に女神様のご加護を受けるために結婚をするということが注目されるようになったのである。
3軒茶屋婦人会#5 『ブライダル』

 昔は、式場内に入ってしまえば雨を気にする必要もなかったため、日本でも、このジューン・ブライドに結婚式を挙げる方は多かったようだが、現在では、施設内が豪華になったこともあり、気候の問題を重視するようになり、この時期に結婚式を挙げる方はかなり少ない。しかし、ヨーロッパの6月というものは1年の中で最も雨が少なくとても天候がいい日が続く時期である。日本とは逆なため、結婚式を挙げるには最適な6月なのである。

 6月の女神、ヘラ、そして、そのヘラは結婚の女神であるため、「6月に結婚をすると女神様からのご加護を受けることができる」というジンクス、最後は天候、この条件が1度にそろっているからこそ、ヨーロッパでは、現在でもジューン・ブライドが注目されているのだろう。
マツザカヤブライダルサークル