オイルマッサージについて

心と体を癒すマッサージ。このコラムでは、様々なマッサージの種類や効果、効能を中心に、患部を癒し、体調を整える方法を各テーマでご紹介していきます。

マッサージは、主に手を使って患部を含めた全身をなでたりさすったり、時には適度な力で押したりする施術が中心。基本的には直に患部に触れて施術を行うことで血行を促進したり、免疫を高めたりする効果があるとのこと。

マッサージを行う時には、オイルを使います。これは、皮膚を撫でたりさすったりするときに摩擦が起きるため、皮膚を傷つけてしまうのを防ぐためです。このオイルは肌に直接塗るため、できれば化学成分や添加物が入っていない植物由来のものを使用するのがおすすめです。
DRIs - 基礎代謝の推定

この時に、ハーブなどのエッセンスが入ったアロマオイルを使うと、アロママッサージというマッサージの種類になるんですよ。自分の肌に合った成分や香りのものを使うと効果が倍増します。好みのオイルを使えば、癒されたり不調が改善したりするだけでなく、リラクゼーション効果も期待できますね。アロマオイルを使ったマッサージついては次のテーマで詳しくご紹介します。

手軽にリーズナブルにオイルマッサージを行いたいという方には市販されているベビーオイルでも、十分効果が期待できますよ。肌との相性が良く、酸化しにくいと言われているホホバオイルも今は求めやすい価格で販売されていますので、気になる方はチャレンジしてみてください。ベビーオイルやホホバオイルは無臭なので、香りが気になるという方にもおすすめです
基礎代謝量アップ特集?No.1 - ダイエットピンキー

。一番簡単なのは入浴後すぐ、オイルを手に取って温め、脚や腕をマッサージしながら塗っていく方法です。体の水気を拭く前でも拭いた後でもOK。体が冷えないうちにオイルを全身に伸ばして下さい。

マッサージによる効果とスキンケアが一気にできる、お勧めの方法です。入浴後は毛穴が開き、皮膚がオイルの成分を吸収しやすい状態になっています。吸収されたオイルは5分足らずで肌の奥まで浸透するとのこと。そして使用するオイルはできるだけ新鮮なものを使用してください。いくら高品質のオイルだからと言って、古いものを使うのは厳禁。時間がたつほどオイルは酸化し、効能が減るばかりか、肌を老化させる成分に変化していってしまうんです。またオイルは思ったよりも伸びが良いので少なめの量から始めてみましょう。肌に聞きながら、自分の適量を掴んでいくのが良いですね。